宇佐見りんが推す俳優は誰?鼻が関係する以外な特技とは?

スポンサーリンク

宇佐見りんさんが書いた「推し、燃ゆ」は、2021年2月現在の累計発行部数が42万部を超えてるそうですね。

「純文学としては異例の売り上げ」なんだそうですよ!!

芥川賞贈呈式も終わり、テレビへの出演もたびたびされてる宇佐見りん。

今回は「宇佐美りんが推す俳優は誰?鼻が関係する以外な特技とは?」について書いてみます。

スポンサーリンク
 

宇佐見りんさんが推す俳優は誰?

宇佐見りんさんには、8年間推している大好きな俳優がいるそうです。

現在21歳の宇佐見りんさん、13歳中学1年生から推してる俳優って誰なのか気になりますね。

去った27日、土曜日の「世界一受けたい授業 3時間SP」出演時に、宇佐見りんさんの推しは?と質問されてましたが、答えてませんでしたね。

理由として、私の推しの名前を言うとイメージが固まってしまうもしれないので、あえて名前を公表しないことにしてると言うことでした。

そうなると益々気になり誰なんだろう?と調べてみたくなります。

お話しの中からのヒント!

舞台俳優で、ちょうどコロナで舞台ができてないと言われてましたね。

そこで宇佐見りんさん推し俳優候補を調べてみることに!

静岡で生まれたということで、静岡県出身俳優の磯村勇斗さん28歳(2021年現在)が推しなのでは?と有力候補として挙がってるようです。

出典元:https://thetv.jp

磯村勇人さんは2018,2019年に舞台に立たれてますが、それ以前の舞台出演はないようです。

宇佐見りんさんの推しが舞台俳優ということにこだわると、磯村勇人さんではないかも?しれないと思ってしまいました。

次に予想として、幼少期には神奈川県に引っ越しをされてそちらで育っていること。

そこで、神奈川出身の舞台俳優は?ということで松坂桃李さん32歳(2021年現在)が候補として考えられるし推しなのでは?と予想。

出典元:https://www.mbs.jp

松坂桃李さんは2013年には彩の国シェイクスピア・シリーズや2014年以降、真田十勇士などほぼ毎年舞台に立たれています。

中学生時代、宇佐見りんさんは演劇部に所属もされてることから、宇佐見りんさんの推しは松坂桃李さんでは?と予想してしまいます。

お二人とも全く予想外の推しなのかもしれませんが、宇佐見りんさんも推しがいることで頑張れてることもあるのでしょう。

スポンサーリンク

宇佐美 りん は国文学専攻の大学2年生!芥川賞賞金の使い道は?

宇佐見りんさん鼻が関係する意外な特技とは?

出典元:https://www.tvlife.jp

宇佐見りんさんの特技?と言ってもいいかもしれない、がとても繊細であるということ。

臭覚がとても良いという宇佐見りんさん、人に自慢できるくらいなんだそうです。

鼻が詰まっていては小説が書けない、鼻に頼って小説を書いてると言っても過言ではないと言われています。

 窓を開けて外の「空気のにおい」をかぐこともあるといい、「雨だなとか、春が来たなってとかそういうものを鼻の中に取り入れることによってイメージが喚起されることがありますね」といわれてます。

                                    引用元:https://news.yahoo.co.jp

目で見て肌で感じてと言うのは良く聞きますが、鼻でかいで日常を感じるという感覚に驚かされてしまいました。

「嗅覚で小説を書くって、その表現も素敵だなぁ」と「世界一受けたい授業 3時間SP」で有田哲平さんも言われてましたね。

21歳、現役大学生の宇佐見りんさんの感性の源は、子供の頃からの習慣で培われたもの何だなと思いました。

例えば夢を見たらそれを記録する。

夢は無意識が作り上げるもので、自分の発想ではなかなか浮かばないことが多い!

常識を破壊することが創作の秘訣かなと思い、ずっと書き留めているそうです。

また高校生の頃には日記を書き始めています(創作ノート・キーワードをメモ)とも呼ぶ。

その日の出来事を書いてるだけだそうですが、そこから先が宇佐見りんさんらしいところ。

例えば電車に挟まれた人を見て痛そうだったなと思うと同時に、なぜその人は急いでたんだろう?どこへ向かおうとしていたんだろう?

その人の人生を色々想像して、べつの人の物語として書き綴って行くんだそうです。

小学生の頃から続けてる、自分への手紙

ふと思いついた時に書くという感じだそうですが、それは大学生になった今でも続いてるそうです。

後で読むというよりは書くことに意味があったと。

後々、小説を書くときに役に立ち、能力を育むキッカケになってるそうです。

現在3作目となる小説に着手されてる宇佐見りんさん。

「次に書く作品は私の一生にとって大事なものになる」と言われているので、作品完成が楽しみですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました