藤谷千明テラスハウスと自衛隊の関係は?美人ライターってホント?【マツコの知らない世界】

スポンサーリンク

藤谷千明さんは、自他共に認めるヴィジュアル系バンドのオタク!

その藤谷千明さんが、【マツコの知らない世界】2021年4月6日(火)20:57〜22:00放送に出演されます。

ヴュジュアル系バンドを愛し続けて25年間、100組以上のバンドを見てきたそうです。

そんな藤谷千明さん、美人ライターとの声もあるんですよね。

過去にテラスハウス出演があるのか?自衛隊との関係にも興味を持ったので、リサーチしてみることにしました。

今回は「藤谷千明テラスハウスと自衛隊の関係は?美人ライターってホント?」について書いてみます。

スポンサーリンク

藤谷千明さんとテラスハウス

藤谷千明さんは、山口県生まれの1981年生まれの40歳(2021年現在)

テラスハウス2012年からスタートした恋愛リアリティ番組なので、藤谷千明さんも出演されてたのかな?と思いリサーチしてみました。

すると、参加ではなく2019年恋愛リアリティーショー座談会にて対談されていたんですね。

2020年には、恋愛リアリティ番組の“誹謗中傷問題”にどう向き合うべきか 木村花さん逝去と『テラハ』制作中止を機に考えるということで、コラムを書かれていました。

お仕事がライターなので、テラスハウス関連のコラムやトークショウなどでの参加のようですね。

スポンサーリンク
 

藤谷千明さんは元自衛隊

藤谷千明さんは元自衛隊と言う経歴の持ち主。

工業高校卒業後、地元山口県の陸上自衛隊駐屯地で、泥まみれの訓練をしながらの生活を始めれられています。

真ん中で黒い顔をされてるのが藤谷千明さん、、、ちょっと分かりずらいではありますね。

出典元:https://www.e-aidem.com

陸上自衛隊へ入隊したのは藤谷千明さんが高校卒業した90年代末が就職氷河期時代で、地元はどこも不景気で就職先が皆無だった事が理由だったようです。

大学受験を諦めた藤谷千明さんの目に留まったのが、陸上自衛隊駐屯地で軽い気持ちで試験を受けると予想に反して合格してしまった!と言われています。

山口県の陸上自衛隊駐屯地で4年間働いてますが、出世していくという目標もなく辞める選択をされています。

自衛隊退職後の経歴

田舎暮らしから脱出したいという気持ちが強く、とにかく都会へ行きたいと思い東京へ行くことを決意。

それに大のヴィジュアル系バンドのファンだったことも、後押ししたようです。

東京に行けば毎週のように好きなバンドのライブへ行けると甘く考えてた部分もあったそうです。

2003年に上京しその後は「フットワーク軽く」を合言葉に興味を持ったジャンルのバイトをひたすらやっていたそうです。

・編プロ

・ゲームセンター

・遺跡発掘

・ビリヤード場

・警備員

・倉庫作業

・ティッシュ配り

・スナック

・本屋

働いたお金は殆どライブ代へと消えてたようですが、それも自衛隊と言う閉鎖的な空間にいた反動から、自分の知らない社会に触れることが楽しくてしょうがなかった時代でもあったと言われています。

情熱を持って好きなことに打ち込めてたのも、若さと言う武器があったからなのかもしれません。

今ではその経験がライタートして仕事をする上で大きく役に立ってるようですから!!

スポンサーリンク
 

藤谷千明さんは美人ライターってホント?

藤谷千明さん美人ライターとの声がありますが納得です。

出典元:https://twitter.com

目鼻たちがはっきりしていて美人系のお顔をされていますよね。

そんな藤谷千明さん、大のヴィジュアル系バンドのンファンですが、ライブを見に行くときにはこんな感じに化粧をされてるのでしょうか?

藤谷千明さんはヴィジュアル系やギャルなど、国内のポップ・カルチャーの知識に優れている方です。

それは好きから始まり、ずっとヴィジュアルバンドと共に生きてきて25年、いつしかその道の専門家に。

ライターへのキッカケ

ブログを開設し、ひたすら興味のあるものの感想などを書いていた時に、藤谷千明さんのブログを見た編集者に「マンガのレビューを書きませんか」と声をかけてもらったのがキッカケ!!

出版社の発行するフリーペーパーで月に1、2本。600字程度の短いものを書かれていたそうです。

その後、ヴィジュアル系についてムックで執筆の仕事も紹介されて始めることに!!

そしてエンタメ系のライターもされてることで、推しジャンルは増える一方なんだそうです。

2010年ごろからライターの仕事も増え始めたことで、フリーランスのーライターとして活動することを決意し現在に至るんですね。

若い頃のアルバイト経験が、今の仕事に役立つこともあったり、ライブ会場やネット上で出会った人が、数年後に編集者となって、仕事を依頼してくれるなんてこともあったそうです。

ヴィジュアル系バンドが好きで上京し、推しバンド「LUNA SEA」「黒夢」が好きな藤谷千明さん。

人生に無駄なことはひとつもないと言われてますが、マツコの知らない世界ではどんなお話を聞かせてくれるのか楽しみですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました