山崎伊織夢の読売ジャイアンツ入り、肘の怪我も投手としての素質は将来への希望

スポンサーリンク

子供のころからあこがれていた読売ジャイアンツに入団確定の山崎伊織投手。

 

ご両親もどんなに喜んでいることでしょう。

 

野球少年からプロ野球選手へと、自分の夢を諦めることなく突き進んできた山崎伊織投手、おめでとうございます。

 

今回は山崎伊織夢の巨人入り、肘の怪我も投手としての素質は将来への希望について書いてみます。

スポンサーリンク

山崎伊織投手夢の読売ジャイアンツ入り

引用元;https://hochi.news

 

2020年10月26日プロ野球ドラフト会議にて、読売ジャイアンツ2位東海大・山崎伊織投手を指名し交渉権を獲得、実質上の入団決定といってもいいですよね。

 

子どもの頃から両親に連れられて東京ドームで試合を見てきた読売ジャイアンツファン

 

山崎伊織投手の喜びの声!!

 

「伝統ある読売ジャイアンツから上位で指名いただき、素直にうれしく光栄です。けがもある中での2位指名で、正直なところ驚いています。野球を始めた小学校1年生の頃から両親の影響で巨人ファンでした。子どもの頃から東京ドームで試合を見てきただけに、めちゃくちゃうれしかったです

 引用元;https://article.auone.jp

 

山崎伊織投手の喜びは、憧れのチームから指名を受けたのはもちろんですが、それよりも怪我をしている自分を2位指名してくれた喜びの方が上回っていたのではないでしょうか?

 

山崎伊織投手は肘の怪我をしたことで、社会人野球を目指すと宣言までしていました。

 

それが急遽方向転換された時には「なぜ、急に」とまわりのスカウト人を驚かせてましたね。

 

東海大学・安藤強監督(56)はこういってました。

 

「同級生の小郷が右肘痛から復活し、活躍する姿を間近で見た影響が強いのでは」とドラフト上位候補の小郷賢人投手(4年=関西)の名前を挙げて説明されていました。

 

それと大卒の選手が社会人に進んだ場合、2年間ドラフトの指名対象にならならないこともプロ志望へ変更した理由の一つなのではと。

 

山崎伊織投手、本人も言ってましたが、同期の小郷賢人投手が「プロ1本で行く」と聞き、ライバルであり、仲間の言葉に刺激を受け、プロへの挑戦を決めたそうです。

 

読売ジャイアンツの原監督は東海大OBでもあり、山崎伊織投手が3年時から注目し将来を有望視していたんですね。

 

小学生のときには、人丸ウィングス(明石市立人丸小学校)プレー。

 

中学生になると明石市立大蔵中学校では明石ボーイズでプレー。

 

高校は明石商業高校へ進学し、高校3年時の春に甲子園初出場ベスト8入りした選抜メンバーでもあります。

 

大学は東海大学へ進んだ理由は、菅野智之投手東海大から読売ジャイアンツに入った経緯があり、菅野投手みたいなピッチャーになりたい気持ちと、他の大学よりカッコいいイメージがあったからだそうです。

 

夢の目標に少しづつ近づいて行くように、レールを引いてるように感じますね。

スポンサーリンク

山崎伊織投手肘の怪我

引用元;http://aichi89photo.blog.jp

 

山崎伊織投手怪我は、東海大が4年ぶりに明治神宮大会への切符を獲得した2019年10月31日、関東地区大学野球選手権の上武大戦でのことでした。

 

当時3年生の山崎伊織投手は5回2安打無失点の好投を見せてたましたが、突然感じた投げた1球でブチンと靭帯の上側が切れたという感じになり、右肘が熱くなってきて全然動かなくなったそうです。

 

そのまま自然治癒をまとうと思っていたそうですが、痛みは全然引かず炎症では済まないのではと思ったそうです。

 

2020年3月右肘じん帯部分断裂と診断されPRP(自己多血小板血漿=しょう=)注射での治療を開始することに。

 

この時に手術を選ばなかったのは、手術すると(復帰に)1年半かかると言われたことと、プロになりたい思いが強く(今年中に・2020年)投げられる可能性が高い方を選んだそうです。

 

この治療法はヤンキース田中選手ややエンゼルス大谷選手も受けたことがある治療ということで決断されたんですね。

 

6,7月に復帰できたらと考えてたたそうですが、思うように回復せず大きな決断をすることに!!

 

2020年6月に右肘の靱帯(じんたい)再建術(トミー・ジョン手術)を受け、現在はリハビリ中です。

 

山崎伊織選手は最速153キロを誇る快速右腕。

 

速さと変化の違うスライダーを武器に、3年生のときにはエースとして活躍。

 

昨年は首都大学リーグ春秋連続でMVPされてました。

 

大学日本代表入りも果たし、完成度の高さから「大学NO・1右腕」と評価されてただけに、ケガさえなければドラフト1位候補との高評価も受けていたんですね。

スポンサーリンク

 

赤星憲広引退後も結婚しない理由に驚き!!

山崎伊織投手の素質は将来への希望

出典元;https://www.frontage.jp

 

山崎伊織投手の素質はプロのスカウト陣にも注目されてました。

 

大学3年のときには、侍ジャパン大学代表の中継ぎのエースを務め、日米大学野球では3試合に登板し3回2安打5奪三振無失点の好投を見せていました。

 

怪我をしているにもかかわらず、読売ジャイアンツから指名を受けたのは彼の素質、ポテンシャルの高さに期待し将来エースとして活躍してくれるであろうとの希望もあったのかなと想像します。

 

山崎伊織投手も、来年に向けてこう言ってます。

 

プロ1年目はまずけがの治療と体作りに費やすことになると思いますが、将来は150キロを超えるストレートと三振を取れる変化球のコントロールを武器にできるよう頑張っていく覚悟です。プロ野球界で勝負してみたい打者は、昨年度に福岡ソフトバンクホークスに入った海野隆司選手。東海大では正捕手として自分の球を受けてくれていた先輩です。紅白戦などでは海野選手に投げたことがありますが、プロの舞台で本気の勝負をしてみたいと考えています。

                                       引用元;https://hochi.news

 

現在リハビリ中の山崎伊織投手、9月の段階では肘の方はまだズキズキして結構痛く、リハビリがこんなにしんどいとは想像してなかったそうです。

 

この肘と向き合いながら、今の一番の目標はキャッチボールを始めるところまで持っていくことだそうです。

 

これからのリハビリで順調に回復し、読売りジャイアンツで活躍する山崎伊織投手の姿を見れることを楽しみにしたいですね!!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました