草開千仁の経歴や読み方は?インタビューから感じる印象!【カンブリア宮殿】

スポンサーリンク

皆さん、ウェザーニュースはご存じですよね。

 

天気をビジネスにした世界最大級の民間気象会社として知られていますよね。

 

今回はその「ウェザーニューズ」の代表取締役社長、草開千仁の経歴や読み方が気になる!インタビューから感じる印象!について調べてみました。

スポンサーリンク

草開千仁氏の経歴

年月 略歴
1987年3月 青山学院大学理工学部物理学科卒
1987年4月 株式会社ウエザーニュース入社
1993年4月 当社営業本部CSS事業部長
1993年6月 当社営業総本部航空事業部長
1996年6月 当社防災・航空事業本部長
1996年8月 当社取締役
1997年8月 当社常務取締役
1999年8月 当社代表取締役副社長
2006年9月 当社代表取締役社長(経営全般、販売統括主責任者)
2020年8月 同上(最高経営責任者)(現)


草開千人
は、気象に興味があったことから大学4年生の就職活動中に、ウェザーニューズ旧名オーシャンルーツ)に会社訪問し、当時の代表取締役社長(現在は代表取締役会長)の石橋博良氏と会われたことが運命の始まりです。

 

石橋博良氏に言われた、「気象会社に来る人間は、天気が好きだ。気象は24時間眠らない。だから、「気象が好きな人間は24時間365日仕事のことを考える人なんだよ」と言われたそうです。

 

面接後、早速アルバイトとして1か月働き始めることになりますがその間、とても楽しかったと語られています。

 

コンピュータで新しいプログラムをつくれば、社員の方たちがとても喜んでくれて、頑張れば頑張った分だけその成果が返ってきたと。

 

仕事の内容は面白いし、この会社で自分はやっていきたいと強く思ったとのことです。

 

石橋博義氏は出会った時に彼の持つ才能?何か引き付けるようなものを感じるものが何かあったのでしょうか?

 

入社から19年でウェザーニュース、代表取締役社長に就任された草開千仁氏の昇進は素晴らしいですよね。

 

株式会社ウェザーニューズ

設立 1986年6月
資本金 17億600万円
売上高 170億5,200万円(2019年5月期:連結)
従業員数 1,012名(2019年5月31日現在)
事業内容 全世界の気象・海象・水象・地象の観測・データ収集・解析・予測および対応策情報の提供、対応策コンテンツの企画・制作・販売など
URL https://k-tsushin.jp

引用元;https://jp.weathernews.com

草開千仁氏の読み方は?

簡単には読めない字だと思いませんか?

 

草開千仁くさびらき ちひとと読みます。

 

とても珍しい名前と思ったので、日本全国にどれくらいるんだろうと調べてみたところ

 

全国人数450人ほどだそうです。

 

ちなみになまえの由来は、現富山県である越中起源とも言われてるようですが、はっきりとした出自は不明で、近年は大阪府に多数みられるそうですよ。

 

草開千人プロフィール

出典元;https://jp.weathernews.com

 

指名;草開 千仁(くさびらき ちひと)
生年月日;1965年3月18日
出身;東京
学歴;青山学院大学理工学部物理学科卒業

 

エリート街道を走る草開千仁氏結婚家族について気になりますよね?

 

そこで知らべてみました!!

 

現在55歳になられる草開千仁氏、結婚しお子さんがいてもおかしくないですよね。

 

メディアへの登場も多く、インタービューも受けられてるので何か情報があるのでは?と思ってましたが、プライベートの情報はどこにもなく結婚されてるのか?独身なのか?分かりませんでした。

 

気象が好きな人間は24時間365日仕事のことを考える人なんだよと言われた経験があることから、もしかしたら独身なのかもしれない?とも思いました。

スポンサーリンク

 

ロート製薬会長・山田邦雄氏の後継者は誰?豪邸芦屋の家が凄い!【カンブリア宮殿】

草開千仁氏のインタビューから感じる印象

視聴者に向けてのメッセージビデオですが、手を使いながらジェスチャーを交えソフトな話し方をされるかただなとの印象を受けました。

 

 

ウエザーニュースの社員からは風通しの良い企業と評価も高いようですね。

一部上場企業ですが、「創業者の想いが現経営陣に根付いており、ベンチャー気質の会社」「ベンチャー的な風土が維持するために様々な工夫もされている」という声も目立ちます。

その他には、外資系企業のよう、人間関係はフラットで、上位の役職者とも議論しやすいと好評です。社員については企業理念に共感している人、やる気に溢れている人も目立つようです。

ちなみに、新卒の場合は自社文化を叩き込まれることもあり愛社精神・仲間意識も強いようで、中途入社直後は独特な雰囲気(宗教的な文化という声もあるほど)を感じる可能性もあります。

 

 

 

働くならこういう環境でと思われる人は多いのではないでしょうか。

 

トップが率先して働きやすい環境を作る努力もされてるからこその、風通しの良い企業ですね。

 

仕事を離れた時にも、それは「同じなのかもしれない、そう感じる部下のおコメントがありました。

 

草開千仁氏は中華料理好が大好きで、特に激辛料理を好んでよく食べてます。お酒はあまり飲まないが、要所要所では、ほんの少しだけ飲まれるようです野球が大好き、、、

 

天気をビジネスに変えたウェダ―ニュースに就職され、19年という速さで代表取締役社長へ就任された草開千仁氏ですが、プライベート情報が全くないところから仕事とプライベートを完全に分け、出来る男の印象を与えてるような気がしました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました